社会福祉法人 北養会 医療専門学校 水戸メディカルカレッジ
看護科

看護学科(3年制)

看護師は、医師の指示のもとで診療の補助をしたり、療養生活を送る人々の日常生活のサポートを行う専門職です。

医師の指示を正確に理解できる専門知識はもとより、一刻を争う緊急状況で適切な行動がとれる冷静な判断力と実践力が求められます。また、患者さまが自身でできること、手助けが必要なことを見極められる観察力、思考力、問題解決能力、そして実践力が常に必要なスキルです。

FEATURE学科の特色

最新の実習室で学ぶから現場で実践力が発揮できる

他学科との交流で他職種への理解とチーム医療を学ぶ

医療の質や安全性の向上に伴って、ますます高度化・複雑化しているのが現代の医療現場です。看護師としてその医療現場で活躍するためには、より実践的な看護技術を、それぞれの患者さまに合ったかたちで提供することが求められます。それぞれが看護技術を高めようとするときは、医療機関の現場に近い環境で訓練を積むことが最も効果があります。そのため本校では、病院の一般病棟をイメージした実習室や、豊富な最新シミュレータを完備し、実践さながらの演習が行える学習環境を整えて、看護技術の確実な修得をめざしています。また、チーム医療の要となる看護師は、一人ひとりの患者さまへの高度な対応力と他職種との連携力がなくてはいけません。本校では、同じ学び舎にある理学療法学科や言語聴覚療法学科と交流しながら、他職種への理解とチーム医療の基本を学ぶ環境が整っています。

地域社会に貢献できる看護師の育成を

臨地実習は、通常の講義や学内演習で学んだ看護の理論や方法を、実習という貴重な体験を通して、実践する能力を身につける場です。本校では、北水会グループ内の医療機関である北水会記念病院をはじめ、グループ内の特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、救護施設、あるいは保育園などでも実習を行います。さらに、地域内のさまざまな実習施設の協力と支援を受け、質の高い生きた看護を学びます。一方、茨城県では、県央・県北地域で看護師が不足しているという実情があります。地域医療の充実を図り、健康と生活を守る担い手として、誰もが健康で安全・安心な生活を営むことができるような地域社会に貢献する看護師の養成が急務です。本校では、地域の病院との連携や協力関係を構築しながら、地域医療に貢献できる看護師を育成します。

Message

本校の看護学科3年課程は、2013年4月に設置され、水戸市内で初の看護学校としてスタートしました。看護学科では、医療・保健・福祉の分野で専門性を発揮できるよう、看護師として理論的根拠に基づき、実践できる能力と豊かな人間性を養い、自己の役割と責任を担える臨床専門家の育成をめざしています。ここで過ごす3年間の学生生活を楽しく、そして看護学を一緒に学ぶ意欲をもった皆さんをお待ちしています。たくさんの方々があなたに会えて本当に良かったと思ってくれるような看護師になる、そんなあなたの高尚な夢を、ぜひ本校で実現させましょう。

看護学科副校長
市成瑠美子

CURRICULUMカリキュラム

社会のニーズを反映した学びでステップアップを狙う

加速度的に進む高齢社会を背景にして、看護師の需要は今までになく高まっています。それに反して、まだまだ看護師の数は不足していて、これからも看護師の就職先がなくなることはないでしょう。病院だけでなく、自宅への訪問看護や福祉施設での看護など、看護師が活躍するステージは多彩に広がります。一方、医師も不足していることから、看護師が担う役割も増えてきています。今までは医師が行っていた仕事の一部を看護師が行うことが期待されているので、専門性が高く、向上心のある人材ならさらに上をめざせます。

カリキュラム
1年次

科学的思考の基盤/人間と生活、社会の理解/人体の構造と機能/疾病の成り立ちと回復の促進/基礎看護学など

2年次

健康支援と社会保障制度/成人看護学/老年看護学/小児看護学/母性看護学/精神看護学/在宅看護論など

3年次

看護の統合と実践/臨地実習各種

卒業後のフィールド
  • 一般病院
  • 診療所
  • 各種高齢者施設
  • 身体障がい者施設
  • 助産師養成校への進学
  • その他上記以外の各種医療機関(行政・教育機関含む)

MESSAGE先輩の声

※2016年3月現在

卒業後は助産師をめざし、さらに1年間学びます

海野末湖〔2013年度入学1期生〕

小学生の頃から看護師になりたいと思っていた私にとって、水戸メディカルカレッジに入学できたことは、夢を実現するための第一歩でした。同じ夢に向かって共に学ぶ仲間との連帯感は強く、励ましあって勉強してきました。ここで学んだ3年間で、自分の進路がさらに明確になり、助産師になるため助産学科のある学校に進学します。

医療最前線で求められる実践力ある男性看護師に

下川拓也〔2013年度入学1期生〕

2011年3月の東日本大震災の時、県北の病院の救急センターで事務をしていた私は、怪我で運ばれてくる患者さんに何もしてあげられない事への無力さを痛感し、看護師になろうとこの学校への進学を決心しました。仕事を辞めて学ぶ3年間は、熱心な先生方や年下の仲間に支えられた日々。人生で1番集中して勉強できました。

実習室や教材も最先端、リアルな学びを体験

豊川美樹〔2013年度入学1期生〕

本校の看護学科は、2013年に開設された新しい学科で、私たちはその一期生。実習室などの施設設備も先進的で、本当の病棟と同じ造りが再現されています。また教材道具も実際のものと同様なので、病院などで実習するときも戸惑うことなく医療器具が扱えます。各階には学生が自由に使えるサロンがあり、そこで勉強するのが好きです。

学校のグループ内に実習施設が豊富なので安心

加藤彩花〔2013年度入学1期生〕

3年間で正看護師の資格を取得できるというカリキュラムが魅力です。学校での講義や演習を実践的に結びつけるのが実習ですが、北水会グループ内に病院や施設がたくさんあるので、実習先でも学校の先輩などがいるので安心でした。3週間の実習期間中、1人の患者さんを担当することができ、心の交流を実感できたことも大きな成果です。

INTERVIEW卒業生インタビュー

※2016年3月現在

看護師 茅根礼さん

水戸メディカルカレッジ看護学科2016年3月卒業

おじいさんが入退院を繰り返していたため、お母さんとともにお見舞いに病院を訪問することが多かったという茅根さん。そこで、患者様であるおじいさんばかりか、その家族にまで心を配ってくれる素晴らしい看護師との出会いがありました。進路を決定しようというとき、頭をよぎったのはその看護師の存在だったそうです。人は、目標があると頑張れます。目標にしたいと思えるような人との出会いが、人生の指針になることもあるのです。看護学科で3年間学び、知識と技術を身につけた茅根さんは、この4月、病院の看護師としての第一歩を歩み始めます。

3年間の実践的な学びをチカラに替え患者様の心に寄り添う看護師になる

看護師になるため、どこの医療専門学校に進学しようかと検討した結果、水戸メディカルカレッジを選んだのは、毎日の通学のために交通の便が良かったこと、そして北水会グループには教育・医療・福祉のネットワークがあり、卒業後は地域に根ざした医療施設で仕事ができるだろうと考えたからです。さらにいえば、既存の理学療法学科と言語聴覚療法学科に加えて、新たに開設される看護学科の第1期生の募集ということで、より熱心で手厚い教育と指導が受けられるのではないかという期待があったからです。

実際に入学してみると、まさに期待通りの素晴らしい環境で学ぶことができました。新しい学科の導入に当たり学校施設も真新しく、一般病棟そのままをイメージした実習室や実際の家庭の食卓やお風呂、トイレなどがある実習室などの設備が充実しています。

1年生では主に看護の基礎分野を学び、2年生では専門分野の知識を深め、3年生になると総合分野の学びに入るとともに実際の病院や施設、保育園などでの実践力を身に付ける実習がより多くなります。先生方はいつも親身になって、学生一人ひとりの勉強の進み具合いや精神面にも気を配ってくれていました。また、とかく不安がつきまとう実習先にも、先生が同行してくださり、困ったときにはアドバイスを受けることもでき、学校にいるような安心感をもって実習に取り組むことができました。

2月下旬に行われた看護師国家試験の前には、集中して試験合格のための勉強に取り組みました。本学看護学科第一期生として「全員合格」をめざし、先生のご指導のもと、学生同士が励まし合い、心をひとつにして頑張れたことは大きなチカラになっていると思います。卒業後には、グループ内の北水会記念病院に就職が決まっています。4月1日の入社式を控え、グループ内の病院や施設で働く仲間たちが職種を超えて集い、共通理解を得るための研修が予定されています。

いよいよ目標だった看護師としての第一歩を踏み出そうとしている今、少しの不安と大きな期待でいっぱいですね。どんな時でも患者様の心に寄り添い、話を聞いてあげられるような看護師になりたいと思っています。目標は、やはり祖父を担当してくださったあの看護師さんのように、患者様とその家族にまで優しい配慮ができるようになること。この思いを忘れることなく、常に志を高くもって歩んでいきたいと考えています。