社会福祉法人 北養会 医療専門学校 水戸メディカルカレッジ
理学療法学科

理学療法学科(3年制)

理学療法士は、病気や事故、加齢などによる障害により、日常生活に支障をきたした方々に対し、立ち上がりや起き上がり、歩行などの基本動作の回復をはかり、心身機能を元の状態に戻す専門職です。

機能回復のためのトレーニングは、身体の場所や目的などによって異なりますが、「運動療法」「物理療法」などがあります。一人ひとりの生活様式に合ったプログラムを組むため、病気や体に関する幅広い知識に加え、信頼関係を築くためのコミュニケーション能力も求められます。

FEATURE学科の特色

卒業後の活躍を支援する教育や研究活動もサポート

知識と技術と供に豊かな人間性も育む

理学療法とは、専門的な知識や技術に基づき、障害を持った方や高齢者の方々に治療を目的とした機能回復を含めて、日常当たり前のように行っている動作などの回復のサポートをすることです。それを行うために求められるのは、人間性やコミュニケーション能力です。本校の理学療法学科では、人間性を重視した教育を行いながら、人の基本的な動作や運動がどのようなメカニズムで行われているのかを解剖学や運動学などの講義に加え、学内実習によって学んでいきます。また、テーマごとに問題を整理し、解決していく問題解決型の学習法も取り入れ、将来の職場で迅速かつ適切な対応ができるような教育も行っています。本校の敷地内には関連病院や施設が隣接しているので、学びの段階に合わせて随時、実習ができ、卒業後も病院や施設で活躍できるような卒業教育や研究活動もサポートしています。

福祉の現場で経験値アップ

本学科では、早い段階から現場でのリアルな臨床経験を身につけるため、数多くの実習を取り入れています。入学後すぐに行われる「概論実習」は、理学療法士の仕事の具体的なイメージを掴み、自分が学ぶべきことは何かを理解することが目的です。また、クリニカルクラークシップでは、実際に理学療法士の助手として器具の準備をし、一日の仕事の流れを把握します。迅速な対応や適切な判断力を養うことも必要です。そこで、講義型の授業だけではなく、各グループに分かれ、与えられたテーマごとに病気や障害などの視点から最適なリハビリテーション法を導き出す「問題解決型授業」を採用。実践的な知識の習得をめざしています。また、ベテランのエキスパートや最前線で活躍している現役の理学療法士が教員として在籍しているので、現場で役立つ授業の展開により、卒業後、即戦力となる理学療法士の育成を可能にしています。

Message

今、私たちを取り巻く社会環境は、高齢化、かつ複雑化しています。また、病気も重複化し、患者さんの障害の状態も多種多様です。理学療法士である私たちの責務は、患者さんの障害を軽減させ”生きがいのある生活”を送れるようにしてさしあげることです。本校では基礎知識を学ぶだけではなく、人とのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力などの社会性も身に付ける多角的なプログラムを取り入れています。水戸メディカルカレッジの理学療法学科で一緒に学び、卒業後には豊かな人間性を持ち、多くの皆さんから信頼される理学療法士になりましょう。

理学療法学科
副校長兼学科長
髙倉秀暢

CURRICULUMカリキュラム

高齢社会や健康志向社会に対応した活躍の場は多彩

理学療法士は、医師の診察に基づいた指示によってリハビリテーションのプログラムを組み、訓練を行うので、就職先としては病院や福祉施設などが一般的です。また、最近は在宅介護に対応するため、訪問リハビリテーションが可能な施設での活躍の機会も増えてきています。さらには、スポーツを行っている人を対象にしたアスリートリハビリテーションや、健康志向の浸透と共に増加するスポーツクラブなどで、理学療法士の知識と技術を活かすアドバイザーとして勤務するなど活躍のフィールドは広がっています。

カリキュラム
1年次

統計学/情報処理技術論/心理学/外国語/自然科学概論/公衆衛生学/基礎解剖生理学/解剖学/運動機能解剖学/体表解剖学/生理学/運動学/病理学/臨床心理学/内科学/整形外科学など

2年次

解剖学見学実習/神経内科学/小児科学/老年医学/理学療法研究法/理学療法評価技術論/理学療法診断学演習/物理療法技術論/ADL技術論/義肢装具学/医療理学療法など

3年次

保健・福祉理学療法/総合理学療法学/臨床理学療法実習/臨床理学療法実習

卒業後のフィールド
  • 一般病院
  • 診療所
  • 各種高齢者施設
  • 身体障がい者施設
  • 各種スポーツ団体
  • リハビリステーションセンター
  • 行政機関
  • 教育機関
  • 在宅関連施設 など

MESSAGE先輩の声

※2016年3月現在

スポーツ関連の業界で理学療法士の知識を生かしたい

久野陽介〔2014年度入学7期生〕

自宅から通学できる立地にあり、しかも3年後には資格を取得して仕事に就けるという点でこの学校を選びました。友だちと交流を深めながらも勉強に集中できる環境がここにはあります。スポーツが好きなので、スポーツ関連の業界で知識と技術を生かしたいと思っています。

先生方やクラスの仲間と意見を交わし交流して学ぶ楽しさ

平野亜里沙〔2015年度入学8期生〕

オープンキャンパスで学校の充実した施設に感動し、また、親しみやすく熱心な先生方に信頼感を持ちました。どんな環境で、どんな人たちと学ぶのかということは、重要だと思います。実際に信頼できる先生方や仲間たちと意見を交換し、ふれあいながら学べるからこそ充実しているのだと感じます。

先生は専門分野だけでなく人生の先輩としても相談できる存在

木村匠吾〔2015年度入学8期生〕

先生が学生一人ひとりに心を配り、全員がすべて理解できるまで丁寧に指導してくれます。また、放課後や休み時間であっても、実習などに必要な知識を授業以上に熱心に教えてくれます。先生方は、理学療法の先生であるばかりでなく、時には人生の先輩として日常生活や将来についても相談に乗ってくれます。

INTERVIEW卒業生インタビュー

※2016年3月現在

理学療法士 菊池隼人さん

北水会記念病院リハビリテーション科〔勤務歴1年〕

高校時代、野球部で活躍していた菊池さんは、高校2年生の時、プレイ中、フェンスに激突し、車椅子生活になるかもしれないというほどの大怪我を負いました。しかし、1ヶ月半に及ぶ入院生活の中、理学療法士によるリハビリテーションによって回復し、高校生活最後の夏の大会への出場を果たすことができました。そんな自らの経験から、迷うことなく理学療法士の道をめざそうと決心しました。病院のリハビリテーション科に勤務してまだ1年ながら、自分のスポーツ経験が生かせるアスリートリハビリテーションの分野にもチャレンジしています。

アスリートリハビリテーションという新しい領域にもチャレンジ

整形外科の先生による治療の一貫として、機能回復のためのトレーニングやリハビリテーションのプログラムメニューを組み、実際にリハビリテーションを行うのが理学療法士です。

水戸メディカルカレッジを卒業と同時に、グループ内の北水会記念病院のリハビリテーション科に勤務し、もうすぐ1年を迎えます。在学中も病院や施設で数多くの実習を経験してきましたが、そのときは何ごとも教科書通りに当てはめて考えていました。でも、実際の医療現場では患者様一人ひとり、症状や障害の状態、生活様式やリハビリテーションによる機能回復の目標も異なるので、誰ひとりとして教科書通りにはいかないのだということを実感しています。

怪我や事故などによって身体に障害が出て、支障をきたした身体機能を本来の状態に戻してあげるのが使命ですが、まずは患者様と信頼関係を築けなければ、効果的なリハビリテーションは行えません。初めての患者様には自分の方から積極的にお声をかけ、リラックスできる関係性を構築することをまず第一に考えています。現在、担当させていただいている患者様は50人ほどいます。病院のリハビリテーション室での運動治療や物理療法に加え、ご自宅でのストレッチや運動も身体機能の回復には不可欠です。患者様の身体に触れれば、ご自宅でも運動をしているかどうかはすぐにわかります。患者様のモチベーションを上げて、リハビリテーションの意欲を高めてるのも大事なことですね。

さらに一般の方の理学療法に加えて、スポーツをしている方を対象にしたアスリートリハビリテーションも手がけるようになりました。登山をしている方、水泳をしている方、またゴルフ部で活動している高校生など様々な患者様を担当しています。アスリートの場合、日常生活だけでなくスポーツ選手としてまた活躍できるようになるためのリハビリが必要なんですね。一般の方と同じリハビリでは運動量が足らないのです。でも、焦りや無理は禁物です。早く復帰したいと焦る気持を抑え、適切なリハビリを行い、トレーニングを指導し、メンタル面でもサポートできるような専門性を身につけたいと考えています。

また、理学療法士の仕事は、患者様の身体を支え、手を施して運動療法などを行うので、自分も体力や筋力を使います。自宅では、毎晩1時間ぐらいかけて体幹トレーニングをするのが習慣です。それによって自分の体調もわかるし、患者様へのリハビリテーションのヒントも得られます。自分の体力維持という意味では、北水会グループで働く仲間たちで構成されている野球部に属しています。ポジションはピッチャー兼外野手。理学療法士をめざすきっかけにもなった野球を続けていることは、初心を忘れないという点でも意味がありますし、職種を超えてグループ企業で働く皆さんとの連帯感が生まれて励みになります。